5/22 テーマは創造と破壊。ダンボール城建造イベントレポ


5月22日、ヒミツキチが仕掛けた、流山おおたかの森駅南口公園でのダンボール城建造&破壊イベント。構想2ヶ月、建造期間3時間、総勢100名強が集まったイベントの模様をレポートします。

なぜ公園で、なぜダンボール城建造&破壊?
ヒミツキチは”遊びで未来をつくる”をミッションに掲げ、自分たちで遊びを創りだすことをモットーに活動しています。今回のイベントでは、流山の新玄関口である流山おおたかの森駅の南口に面する広大な公園を舞台に、ダンボール城建造&破壊イベントを開催しました。

公園と言えば、自由な遊び場というイメージがありますが、最近はボール遊び禁止、滑り台は逆走してはいけないなどさまざまなルールが設けられています。実は自由に遊ぶことができなくなってきています…

そんな公園を見直し、もっと活用して普段できないとんがった遊びはできないか? と考えて、頭を捻りました。そこで出たのがダンボールハウス作り。

でも普通サイズのダンボールハウスは面白くない。なんならトラック満載の大量のダンボールを用意し、度肝を抜かしてやろう。どうせなら“ハウス”じゃなくて“城”を作ってやろう! 壊すことも楽しみのひとつじゃないか!

ということで、テーマは「ダンボール城の創造と破壊」となりました。

何もかも初めて。準備に駆けまわる。
実はこのような大規模ダンボールハウス造りイベントは、逗子を拠点に親子で遊ぶことを楽しむ「原っぱ大学」にて先例がありました。まずはその原っぱ大学のブログを熟読。兎にも角にも、ダンボールの調達から廃棄までのオペレーションが超重要であることがわかり、ダンボール収集先の調整に駆けまわります。

ダンボールを大量に引き取っている業者さんや、近隣のドラッグストア・スーパーを回ってご協力をお願いし、なんとか大量のダンボールの目処をつけました。

次は当日公園に大量のダンボールを集約する配送体制。農家さんとNPOから2台の軽トラを借り、2回ずつピストン輸送することで、軽トラ4台分のダンボールを集めることが出来ました。
1-1-1-768x568

さらには、建造のための資材として、城の骨となるテントの骨組み2台、40本のガムテープ、20本のダンボールカッター、大量のペンキなどなどを調達し、いよいよ本番を迎えます。
1-2-768x1038
1-3-768x1038

いよいよ城の建造開始。

参加者は集まってくれるのか…と主催者は不安になるもの。でも、蓋を開けてみれば30組以上のご家族にお越しいただき、参加者の数はおよそ100名にのぼるほどでした。

ヒミツキチの遊びのプログラムでは、ほとんど作りこみません。というのも、「参加者の自由な発想で自分が遊びたいことをする、作りたいものを作る」をポリシーとしているからです。よって、今回のイベントでも指示は出さず。準備は大変でしたが、建造においてはみんなそれぞれ、気に入ったダンボールを使って好きなように城や城下町の家を作り出していきました。
1-4-768x512

1-5-768x512

1-6-768x512

1-7-768x512

1-8-768x512

みなさん思い思いにダンボールを切り、お城を作っていました。建造で運営側の苦労はまったくありませんでした。100人が創り上げていく城と城下町を眺め、そして一緒に作り上げながら楽しんでいました。

城と城下町の破壊の始まり!

100人の参加者が2時間かけて作り上げたダンボール城とその城下町。舞台は公園なので、残しておくことは出来ません。ならば、自分たちで造った城と城下町は自分たちの手で徹底的に破壊して解体しよう。創造の喜びのあとは、破壊の快楽を味わおう。

そんな主催者側の意図を読み取ってくれたのかどうかはわかりませんが、建造された城と城下町を背景に皆で記念撮影をしたあと、掛け声とともに一斉に破壊活動が始まりました。

建造の時には真剣な顔をしていた子どもたちは、破壊の時になるとその表情は一変。満面の笑顔で思う存分にお城にぶつかっていました。創造のスケールも桁外れだけれども、破壊のスケールもこれまで経験したこと無いほどだったからでしょう。からだより大きいダンボールを全身を使ってひっぺがし、これでもかというほどダンボールを踏みつけていました。

そして、ただの“ダンボール”に戻ったお城の山はさっそくトランポリンに早変わり。子どもたちは遊びを創りだすのがうまいです。ひたすらダンボールのトランポリンの上で跳ね飛んでいました。

2-1-768x512
2-2-768x512

2-3-768x512

祭りのあと

軽トラ4台分のダンボールは参加者の協力のもと業者さんに引き渡され資源として再利用されることになりました。こうして駅前の公園に突如現れた一夜城ならぬ一刻城は、跡形もなく消え去りました。子どもたちはお気に入りの城の一部を持ち帰ったようですが。
2-4-768x512

2-5-768x512

後日、参加者のかたがたにこのイベントが楽しかったかアンケートで聞いてみました。

スケールの大きい遊びができた
アウトプットが決められているわけでなく自由で、いろんなアイデアを試せた
友達や家族“だけ”ではできないような大きなことができた点に満足してもらえたみたいです。
よその子どもたちとも仲良く一緒に遊べた
他の家庭とも親睦を深めることが出来た
子どもたち同士で目いっぱい遊ばせることが出来た
具体的にどんなところが良かったのかを聞いてみると、普段接しない人と一緒に遊べたところが楽しかったようです。親子のタテの関係だけでなく、親同士、子ども同士、さらには大人とよその子のナナメの関係が生まれていることもわかりました。
久しぶりに大人も本気になってお城を作った
実は大人も本気になっちゃうイベント

大人たちも久しぶりに童心に戻って熱中していたこともわかりました。

今回の前代未聞で大きなスケールのダンボール城イベント。日常ではなかなか味わえないスケールの創造力を働かせ、思いっきり身体を使って楽しむ。子どもも大人も楽しめたようです。

そして、タテ・ヨコ・ナナメの関係を作り出し、希薄になりがちな地域コミュニティを盛り上げる効果があることもわかりました。地域を盛り上げるイベントがしたい! というときは、ダンボール城イベントにも挑戦してみてください!
ヒミツキチもそのサポートをしますよ!

2-6-768x576

最後に、何もなかった公園にダンボール城が作られそして破壊されるカオスな模様を2分の動画でご覧ください!

*本記事は、『二人で生活を創るライフスタイルマガジン メオトーク』の
「“遊び”を“学び”に変える 第3回 テーマは創造と破壊。ダンボール城建造イベントレポ (準備編〜建造編)」
「“遊び”を“学び”に変える 第4回 テーマは創造と破壊。ダンボール城建造イベントレポ (破壊〜祭りの あと編)」
の内容を一部変更し転載しております。